<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日本酒童貞を喪失するの儀 | TOP | 日本酒童貞喪失の儀【後篇】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
超絶ポピュラーな日本酒

「獺祭」という日本酒をご存知でしょうか。
 

海外での日本酒評価を高めた銘柄として知られると同時に、エヴァンゲリオンの葛城ミサトさんの愛飲酒としても有名ですね。


ヤフオクなんか見てみても、「獺祭」の出品にはすごい値段がついててびっくりします。


このお酒、2005年に216kl(約12万本/3.6億円)だった出荷量が2010年には3倍増の776kl、13年には2052kl(114万本/39億円)という急成長ぶり。


もともと、日本酒ファンの間では人気の高かった銘柄だそうですが、2007年公開の映画「エヴァンゲリオン劇場版:序」を入り口に日本酒ファンデビューした人も多いんだろうなあ。海外もしかり。


日本酒好きを公言している人と話していると、「獺祭もいいけど私はこっちが〜」のような意見も聞こえてきます。

トップセールスに対して少しアンチになっちゃうのはうるさ型の常なんでしょうかね。


しかし。いずれにせよしかし。
近いうちに飲まねばなりますまいよ。


かわうそまつり。


吉田戦車が喜びそうな銘柄だよなあ。

田舎の川っぺり。近所のかわうそがもょろもょろと集まってきて
酒盛りが始まっていく様子を想像しちゃいます。

※獺祭…「だっさい」と読みます。精米歩合23%という、びっくり製法。
    何がびっくりかは割愛。命名の由来にはやっぱりカワウソ出てきます。
    かわいい。

JUGEMテーマ:日本酒

18:22 | お酒 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
18:22 | - | - | -
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://ms06r.jugem.jp/trackback/284